給与所得控除

給与所得控除とは、給与所得者の所得税や住民税を計算する際、収入(年収)から差し引くことができる控除のことです。自営業者は、売上から商品の仕入原価や販売経費などの経費を差し引くことができます。会社員の場合も自営業者の経費と同様に、概算の経費額を控除(給与所得控除)することが認められています。※2017年3月18日に更新

給与所得控除の控除額

給与所得控除の控除額は、以下の算式によって求められます(平成29年分)。

収入(年収) 給与所得控除の控除額
180万円以下 収入✕40%(65万円未満なら一律65万円)
180万円超 360万円以下 収入✕30%+18万円
360万円超 660万円以下 収入✕20%+54万円
660万円超 1,000万円以下 収入✕10%+120万円
1,000万円超 220万円(上限)

給与所得控除と所得控除は別物です

給与所得控除と所得控除は、まったくの別物です。給与所得控除は、税金を計算するにあたって収入(年収)から差し引く控除のこと。一方、所得控除は、税金を計算するにあたって所得から差し引く控除のことです。このことを理解するために、所得税の税額を求める流れを説明します。

  1. 所得を求める

    収入(年収:1年で稼いだ合計額)から経費(給与所得控除)を差し引いて「所得」を求めます。

    所得 = 収入 - 経費(給与所得控除)

  2. 課税所得を求める

    【1】で求めた所得から、所得控除を差し引いて「課税所得」を求めます。

    課税所得 = 所得 - 所得控除

  3. 所得税額を求める

    【2】で求めた課税所得に所得税率をかけて、「所得税額」を求めます。

    所得税額 = 課税所得 × 所得税率

まとめ

  • 給与所得控除とは、給与所得者の所得税や住民税を計算する際、収入(年収)から差し引くことができる控除のことである。
  • 給与所得控除は、年収から控除する。所得控除は、所得から控除する。

給与所得控除について学んだら、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」がおすすめ。従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも使えます。まずは、年末調整ソフトとしての機能の確認から。

このエントリーをはてなブックマークに追加
年末調整が必要な理由(所得税の仕組み)
年末調整で受けられる所得控除
法定調書の種類と提出方法
給与所得の源泉徴収票
扶養控除等申告書
保険料控除申告書
退職所得の源泉徴収票・特別徴収票
不動産の使用料等の支払調書
報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
配当、剰余金の分配、金銭の分配及び基金利息の支払調書
非居住者等に支払われる給与、報酬、年金及び賞金の支払調書
所得税徴収高計算書
源泉徴収税額表
住宅ローン控除
給与所得控除
基礎控除は38万円と33万円
社会保険料控除
扶養控除
障害者控除
寡婦控除(寡夫控除)
勤労学生控除
小規模企業共済等掛金控除
生命保険料控除の計算方法
配偶者控除
地震保険料控除
配偶者特別控除
pagetop