不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書

不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書とは、法定調書の一つです。土地・建物などの不動産を売買・賃貸する際、仲介業者に仲介手数料を支払うことがありますが、仲介手数料を支払った場合は、原則としてこの支払調書を作成して税務署に提出する必要があります。※2017年11月6日に公開

対象となる支払い

  • 不動産(不動産の上に存する権利も含む)の売買・貸付けのあっせん手数料の支払い
  • 船舶(総トン数20トン以上の船舶のみ)の売買・貸付けのあっせん手数料の支払い
  • 航空機の売買・貸付けのあっせん手数料の支払い

提出義務者

不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書の提出義務者は、あっせん手数料を支払った法人と不動産業者である個人です。ただし、不動産業者である個人のうち、建物の賃貸借の代理や仲介を主な事業目的とする者は提出義務がありません。

提出範囲

不動産等の売買代金やあっせん手数料の提出範囲は、同一人に対するその年中の支払合計が15万円を超えるものです。

※参照(外部サイト):国税庁No.7443「不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書」の提出範囲等

作成と提出を省略できる場合

不動産の使用料等の支払調書不動産等の譲受けの対価の支払調書の「あっせんした者」の欄に必要な記入がされている場合は、この支払調書の作成・提出を省略できます。

税務署への提出

原則として、支払の確定した日の属する年の翌年1月31日までに税務署に提出する必要があります。

記載事項

不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書には、区分、支払確定年月日・支払金額と、あっせんに係る不動産等の物件の種類・所在地・数量・取引金額、支払者および支払いを受ける者の住所・氏名などを記載します。

マイナンバーの記載

平成28年1月1日以後に支払の確定する対価に係る支払調書から、不動産等の売買・貸付けのあっせん手数料の支払者、および支払を受ける者のマイナンバーまたは法人番号を記載するが必要がありまです。なお、支払調書の写しを交付する場合は個人情報保護の観点からマイナンバーを記載することはできません。

まとめ

  • 不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書とは、法定調書の一つである。
  • 土地・建物などの不動産を売買・賃貸する際、仲介手数料を支払った場合は、原則として不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書を作成して税務署に提出する必要がある。
  • 不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書の提出範囲は、同一の者に、その年中で15万円を超える額を支払った場合に提出するものである。

関連記事

不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書について学んだら、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」がおすすめ。従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも使えます。もちろん、不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書の作成と出力も0円。まずは、年末調整ソフトとしての機能の確認から。

このエントリーをはてなブックマークに追加
年末調整が必要な理由(所得税の仕組み)
年末調整のスケジュール
年末調整で受けられる所得控除
法定調書の種類と提出方法
給与所得の源泉徴収票
扶養控除等申告書
保険料控除申告書
退職所得の源泉徴収票・特別徴収票
不動産の使用料等の支払調書
不動産等の譲受けの対価の支払調書
不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書
報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
配当、剰余金の分配、金銭の分配及び基金利息の支払調書
非居住者等に支払われる給与、報酬、年金及び賞金の支払調書
所得税徴収高計算書
源泉徴収税額表
住宅ローン控除
給与所得控除はナゼ必要なのか?
基礎控除~年収103万円以下だと所得税が非課税になる理由~
社会保険料控除
扶養控除
障害者控除
寡婦控除(寡夫控除)
勤労学生控除
小規模企業共済等掛金控除
生命保険料控除の計算方法
配偶者控除
地震保険料控除
配偶者特別控除
pagetop