マイナポータルとは

マイナポータルとは、マイナンバー制度を利用して政府が運営するオンラインサービスです。マイナポータルを利用することで、子育てに関する行政手続きのワンストップ化や行政からのお知らせをパソコンやスマートフォンで確認することが可能になります。マイナポータルは2017年1月以降、徐々に環境整備が進められており、7月からの試行運用を経て、11月13日より本格運用を開始しました。※2018年1月15日に公開

マイナポータルは本人確認を徹底している

マイナポータルは、なりすましによる特定個人情報の漏洩を防止するため、情報セキュリティやプライバシー保護に配慮し、本人認証を徹底しています。ログイン方法として、マイナンバーカードのICチップに搭載された公的個人認証や、2次元バーコードによる認証を採用しています。

マイナポータルを使うのに必要なもの

マイナポータルを利用する際に必要なものは、個人番号カード、パソコン、マイナンバーカードの読み取りに対応したICカードリーダーもしくは2次元バーコードの読取りに対応したスマートフォンです。

マイナポータルで利用できるサービス

マイナポータルにログインすると、以下のようなサービスを利用できます。

  • 民間送達サービスとの連携

    マイナポータルと民間送達サービスとを連携させることで、行政機関や民間企業などから発信されるお知らせを受け取ることができます。

  • 公金決済サービス

    ネットバンキングやクレジットカードで自動車税や固定資産税、個人事業者税などのオンライン決済が可能となります。

  • 自己情報開示

    行政機関が保有する自分自身の個人情報を検索して確認できます。

  • サービス検索・電子申請機能

    子育てに関するサービスの検索やオンライン申請(子育てワンストップサービス)ができます。

  • 情報提供等記録表示(やりとり履歴)

    自分の情報が行政機関の間で、どのようにやりとりされたかを確認できます。

子育て世帯の支援

子育て世帯の支援サービスである「子育てワンストップサービス(ぴったりサービス)」。利用者はマイナポータルからアクセスできますが、一部のサービスはマイナンバーによるログインなしで利用することも可能です。ぴったりサービスを利用すれば、調べたい地域やキーワードで絞り込むことで自分に合った子育てサービスを検索でき、自宅のパソコンなどから簡単にオンライン申請できるようになります。また、自治体からプッシュ型のお知らせも受け取れます。

LINEとの連携

ぴったりサービスは、メッセージアプリ「LINE」とも連携しています。マイナポータルのLINEアカウントとのメッセージのやりとりを通じて、マイナンバーや氏名などの個人情報を入力しなくても子育てに関する行政サービスの検索ができます。必要なサービスを見つけたら、ぴったりサービスを使ってオンライン申請も可能です。

※参照:ぴったりサービス

まとめ

  • マイナポータルとは、マイナンバー制度を利用して政府が運営するオンラインサービスである。
  • ログインすることで公金決済や行政サービスの検索など、さまざまなサービスを受けられる。
  • 子育て支援サービス「ぴったりサービス」はマイナポータルから利用できるほか、一部のサービスはマイナンバーでログインをしなくても利用可能。

マイナポータルについて学んだら、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」がおすすめ。従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、マイナンバー対応。WindowsでもMacでも利用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
個人番号とは何か
法人番号は一般公開されている?
個人番号カードと通知カードの違い
マイナポータルとは
個人番号利用事務と個人番号関係事務
pagetop