賞与計算の機能

従業員5人まで無料で使えるクラウド給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」の賞与計算の機能をご紹介します。

前月給与から税額を自動計算

賞与に対する源泉所得税は、前月給与から社会保険料を控除した金額をもとに計算されます。参照するのは、源泉徴収税額表の「賞与に対する源泉徴収額の算出率の表」です。フリーウェイ給与計算なら、社会保険料を差し引いた前月給与をもとに、賞与の源泉所得税を自動計算。もちろん、この機能も無料です。

計算期間が6ヶ月を超える賞与に対応

前月給与を支給していない場合は、賞与の計算期間によって源泉所得税の計算方法が変わります。6ヶ月を超える場合は、社会保険料を控除した賞与を12で割った金額をもとに、税額表を参照し、該当の金額に12を掛けます。フリーウェイ給与計算なら、計算期間が半年を超過する賞与の計算も無料です。

前月給与の10倍相当以上の賞与に対応

前月給与があっても、その金額が前月給与の10倍相当以上になる場合は、賞与の計算期間によって計算方法が変わります。半年を超える場合は、賞与から社会保険料を差し引いた金額を6で割り、前月給与の課税対象金額を加算。算出された金額を税額表で参照し、その税額から前月給与の所得税を差し引いて、6を掛けたら、賞与の源泉所得税を計算できます。こういった手間のかかる作業も、フリーウェイ給与計算なら自動計算で、しかも無料です。

控除額の自動計算

まずは、標準賞与額(賞与の1,000円未満を切り捨てた額)に、健康保険料率と厚生年金保険料率を掛けて、社会保険料を算出します。次に、雇用保険料の計算では、賞与額に雇用保険料率を掛けます。最後に、源泉所得税です。ちなみに、住民税は賞与から控除されません。フリーウェイ給与計算なら、賞与からの各種控除額を自動かつ、無料で計算できます。

選べる二種類の賞与明細書

一部の給与計算ソフトでは、明細などの帳票を印刷するために、専用用紙を購入しなければなりません。フリーウェイ給与計算なら白紙のプリンタ用紙に印刷でき、その見栄えは専用用紙レベルです。賞与明細書は、2種類から選べます。用紙コストも削減できる給与計算ソフト、フリーウェイ給与計算。まずは、無料版からお試しください。

賞与明細書(1ページに2人分)

従業員2人分を1枚の紙に印刷する賞与支払明細書です。(縦向き)

賞与明細書(1ページに3人分)

従業員3人分を1枚の紙に印刷する賞与支払明細書です。(横向き)

賞与データの確定更新

給与計算担当者の方の中には、賞与計算の業務が完了したことを確認できるようにしたい、という方もいます。フリーウェイ給与計算なら、賞与データを確定させることで、賞与計算が済んでいるかを一目で確認できます。確定後は、印刷と手作業での訂正のみ可能です。

部署管理に対応

賞与は、業績によって支給する金額を変える場合があります。いわゆる業績連動賞与です。部門業績によって、賞与の原資を割り振る場合などは、部署ごとに賞与計算ができると便利になります。フリーウェイ給与計算なら、部署管理にも対応。この機能も、無料で利用できます。

以上が、フリーウェイ給与計算の賞与の計算機能です。賞与計算は、給与計算と異なり「毎月」の業務ではありません。業績連動賞与を採用している場合は特に、賞与が支給されない時期が続くこともあります。そういった「たま」の業務である賞与計算では、住民税を間違って天引きしてしまったり、うっかりミスも起きやすいもの。そういった間違いを防ぐのが、給与計算ソフトです。フリーウェイ給与計算なら、従業員5人まで永久無料で利用。まずは、無料版でお試しください。

無料版ユーザーになる

pagetop