Information

2016/03/16

給与計算をする前に知っておくべきこと(マイナンバー実務検定を受けてみました!!)

クラウド給与計算ソフト
フリーウェイ給与計算をご利用の皆さん、こんにちは!!


もうすぐ4月。フレッシュな新入社員が社会人デビューする時期ですね。
みなさんの会社にも、新しいメンバーが加わりますか?
入社時に「マイナンバー」を収集する必要があるため
総務・人事・経理担当の方は
今までとは違った大変さを経験されるかもしれませんね。
というわけで、またもやマイナンバーの話題です。


給与計算に関する資格試験といえば
給与計算実務能力検定が有名ですが
最近、新しく作られた試験を知っていますか?


そうです、マイナンバー実務検定です。(マイナンバー検定試験とも言うようです)
以前のコラムでもお伝えしましたが
給与計算を担当する以上、マイナンバーの基礎知識については
知っておくべきだと思います。


というわけで、フリーウェイジャパンの給与計算を担当している私も
さっそく、マイナンバー実務検定を受けてきました!!(おそるおそる3級を…)


せっかくなので、マイナンバー実務検定の概要と
私の体験談について紹介します。


マイナンバー実務検定の主催者は
一般財団法人 全日本情報学習振興協会という団体で
ここは、個人情報保護士という資格試験なども運営しているそうです。


試験は、3級、2級、1級というふうに難易度が上がっていきます。
1級を取ると「マイナンバー管理士」の認定に申請できるようになるそうです。
※マイナンバー管理士も、同じ団体による民間資格


学習方法は、マイナンバー実務検定の公式サイトを参考に。
サイトで紹介されている参考書籍を読んだり
あとは、資格試験の定番、「過去問」を繰り返し解いたり。


ある程度は、暗記も必要です。ただ、丸暗記までは、いらないと思います。
なぜかと言うと、マイナンバー実務検定の出題がマークシート形式だからです。
間違っているもの、合っているものが判断できれば十分です。
※あくまで、私が受けたのは3級ですが


そして、試験を受けてみての感想ですが、その前に…
先日結果が発表され、合格していました!!(興味ないですよね…。) 44/50点で結果は約9割といったところでしょうか。
3級の合格基準は8割以上だそうです。


さて、合格したのは嬉しいのですが
それよりも、皆さんにお伝えしたかったのは
勉強する過程で私の中に変化が起きたことです


皆さんもそうだと思いますが
マイナンバーって、何となく腫れ物な感じがしませんか?
実際、扱いには最大点の注意が必要なのですが、それより何より
「よく分からないけど罰則を受けることがあって怖い」という
漠然とした恐怖感のようなものがありました。私の中に。


が、マイナンバー実務検定の試験勉強をする過程で、 その恐れが和らいでいったのです。
知識が身についたことの副産物かもしれません。


マイナンバー実務検定は
「私は、マイナンバーについてよく知らないけど、別に平気です」
という強者を除いて
マイナンバーについて体系的に勉強してみたいという方には
オススメの検定試験だと思います。


私個人は、2級、1級ともに受けるつもりですので
その機会があれば、また皆さんに報告させていただきます。
簿記は、3級までしか受けていませんが…(ナイショ)。


今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

Information一覧へ戻る

pagetop