65歳以上でも雇用保険料を徴収する?

雇用保険の目的は、失業した労働者への所得を保障(失業給付)や、再就職の支援などです。労災保険と合わせて労働保険とも呼ばれます。雇用保険が適用されるのは、原則として適用要件に該当する全従業員です。

Q.65歳以上でも雇用保険料を徴収する?

平成28年12月末日まで、65歳以上の従業員は雇用保険に新規加入できませんでした。しかし平成29年1月1日から、65歳以上の従業員も雇用保険に被保険者として扱われることになったのは、ご存知のとおりです(高年齢被保険者)。では、高年齢被保険者からも雇用保険料を徴収するのでしょうか?

Answer 気になる答えは・・・

A.「YES」です!

65歳以上の従業員が雇用保険に新規加入した場合も、もちろん雇用保険料は発生します。ただし、平成31年度(平成32年3月まで)は免除されますので、ご安心を。平成32年度から雇用保険料を忘れずに徴収するようにしましょう。ちなみに、雇用保険料率は他の被保険者と同じです。特別に低い料率が適用されたりはしません。※2017年10月11日に更新

雇用保険の適用要件

まず、雇用保険の適用要件に該当するかのチェックから。適用要件は、以下の2つです。この両方の条件を満たした65歳以上の従業員が、雇用保険に加入できるようになりました。

  • 1週間の所定労働時間で20時間以上
  • 31日以上にわたって雇用される見込みがあること

平成28年12月末日までに雇用している65歳以上の従業員は?

パターンによって、資格取得届の届出が必要な場合と不要な場合があります。

  • 高年齢継続被保険者なら届出は不要

    平成28年12月末日までに雇用している高年齢継続被保険者の従業員を、平成29年1月1日以降も継続して雇用している場合、手続きは不要です。高年齢継続被保険者とは、65歳になる前日から雇用されて、65歳になった日以降も継続して同じ事業主に雇用されている従業員のこと。その従業員は、平成29年1月1日に高年齢継続被保険者から高年齢被保険者に自動的に変わるため、資格取得届の提出は不要になります。

  • 届出前に高年齢被保険者が退職したら?

    資格取得届の提出前に高年齢被保険者が退職した場合は、雇用保険被保険者資格喪失届と資格取得届の両方を、従業員が被保険者でなくなった月の翌月10日までに、ハローワークに提出します。

  • 雇用保険が適用されない65歳以上の従業員を雇用していたら?

    平成28年12月末日までに、雇用保険の適用要件を満たしていない65歳以上の従業員を雇用し、平成29年1月1日以降に適用要件を満たすことになった場合は、すぐに手続きしなければなりません。所定労働時間などが変更になった日の翌月10日までに、ハローワークへ資格取得届を提出します。

まとめ

  • 平成29年1月1日以降に、65歳以上の従業員が雇用保険に加入できるようになった(高年齢被保険者)
  • 高年齢被保険者の雇用保険料の徴収は、平成31年度(平成32年3月まで)まで免除される
  • 平成28年12月末日までに65歳以上の従業員を雇用していた場合は、継続雇用していたか、新たに雇用したのかによって手続きが異なる

関連記事

高年齢被保険者の雇用保険料の徴収について学んだら、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」がおすすめ。従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも利用できます。まずは、雇用保険料計算の機能の確認から。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルバイトも労災に加入する?
アルバイトも雇用保険に加入?
アルバイトの健康保険加入は任意?
4人以下の会社なら厚生年金保険に非加入?
介護保険料を払うのは40歳になった月?
被扶養者は年収130万未満?
退職後の給与(賞与)から雇用保険料を控除する?
月の途中で退職しても社会保険料を控除?
退職月で住民税の控除・支払方法が変わる?
「退職所得の受給に関する申告書」で節税できる?
賞与支給月に退職すると得する?
ボーナス(賞与)から住民税は引かれない?
65歳以上でも雇用保険料を徴収する?
pagetop