アルバイトの健康保険加入は任意?

今回のテーマは、アルバイトの健康保険加入について。健康保険は、「私生活」でケガをしたり、病気にかかったりした際に使う保険です。

Q.アルバイト・パートの健康保険加入は任意?

仕事に就けない日に給付される「傷病手当金」や、出産で働けない期間に支給される「出産手当金」なども健康保険の一種です。この健康保険、アルバイトやパートの場合、加入は任意なのでしょうか?

Answer 気になる答えは・・・

A.「No」です!

健康保険への加入は任意ではありません。アルバイトやパートでも、加入要件を満たしているのであれば強制加入です。社会保険(健康保険を含む)が適用されるのは、法人と個人事業主で条件が異なります。個人事業主には5人以上という条件がありますが、法人は無条件です。法人設立時に手続きを忘れないようにしましょう。。※2017年3月9日に更新

アルバイト・パートの健康保険加入基準

1日または1週間の所定労働時間が正社員の4分の3以上かつ1ヶ月の所定労働日数が正社員の4分の3以上の場合は、健康保険に加入します。会社には、加入要件を満たしている従業員を健康保険に加入させる義務があり、これを怠ると健康保険法違反でペナルティーを受けるリスクがあるため、注意しましょう。健康保険の加入手続きについて知りたい方は、給与計算ブログ「健康保険」を参考にしてみてください。

関連記事

アルバイトの健康保険加入について学んだら、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」がおすすめ。従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも利用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルバイトも労災に加入する?
アルバイトも雇用保険に加入?
アルバイトの健康保険加入は任意?
4人以下の会社なら厚生年金保険に非加入?
介護保険料を払うのは40歳になった月?
被扶養者は年収130万未満?
退職後の給与(賞与)から雇用保険料を控除する?
月の途中で退職しても社会保険料を控除?
退職月で住民税の控除・支払方法が変わる?
「退職所得の受給に関する申告書」で節税できる?
賞与支給月に退職すると得する?
ボーナス(賞与)から住民税は引かれない?
65歳以上でも雇用保険に新規加入できる?
pagetop