テレワークのメリットと課題

テレワーク

テレワークとは、情報通信技術を活用した場所や時間にとらわれることがない働き方のことです。テレワークという言葉は、「離れた場所で」という意味を持つテレ(Tele)と、仕事を意味するワーク(work)を組み合わせて作られました。※2018年5月31日に公開

テレワークの3つのポイント

  • テレワークとは場所や時間に捉われない柔軟な働き方であり、会社の従業員に適用される「雇用型」と個人事業主などに適用される「自営型」に分類できる。
  • テレワークを導入するメリットには、人材流出の防止や、従業員の交通費や経費などのコストカットが挙げられる。
  • メリットがある一方で、管理者がテレワーク従業員の勤務実態を把握することが困難であり、チームワークの欠如やエンゲージメントの低下といった懸念もあるため、導入時には制度の確立が重要。

テレワークは柔軟な働き方を実現する

テレワークとはICT(Information and Communication Technology)を活用し、時間・場所に制限されることなく、柔軟な選択ができる働き方です。元々は通勤による交通混雑や車を使用することで発生する排気ガス削減を目的として、1970年代にアメリカ・ロサンゼルスで始まったと言われています。日本でも働き方改革の一環として、テレワークに注目が集まりつつあります。

テレワークの種類

テレワークには主に「雇用型」と「自営型」、2つの形態があります。

  • 雇用型

    雇用型とは、企業に雇われている従業員が行うテレワークのことです。雇用型には、自宅で働く「在宅勤務」、スポットオフィスやサテライトオフィスを使用する「施設利用型勤務」、移動中の電車内などでPCやスマートフォンを活用して働く「モバイルワーク」などがあります。

  • 自営型

    自営型とは、個人事業者や小規模事業者などが行うテレワークのことです。自営型には、事業性が高い業務を行う独立自営の度合いが高い「SOHO(Small Office/Home Officeの略称)」や、簡単な業務で独立自営の度合いが薄い「内職副業型勤務」などがあります。

テレワークのメリット

テレワークの導入で企業が得られるメリットはさまざまです。

  • 労働生産性の向上

    テレワークを導入していれば、出産や育児、介護などによってオフィスでの勤務が困難になった従業員の退職を防ぐことができます。また、場所や時間に縛られない勤務形態をとれば、従業員の独自性や創造性を成長させる効果が期待できるでしょう。

  • コスト削減

    テレワークは、コストの面でもメリットがあると言えます。テレワークの導入により、支店や営業所といったオフィススペース撤廃や縮小が可能です。また、従業員がオフィスに通う必要がなくなるため、通勤にかかる交通費も削減できます。

  • 不測の事態への対応

    テレワークの導入は、事業計画性を確保するという点でも大きな意味を持ちます。災害によってオフィスが使用不可能になった状況であっても、テレワークを導入しておけばいち早く事業を再開することが可能になります。

テレワーク導入にあたっての課題

テレワークには前述のようなメリットがある一方で、実際の導入にあたって懸念されている点もあります。

  • 労働実態の把握

    懸念点の筆頭となるのが、テレワーク従業員の労働実態を把握しきれないことです。共通のオフィスで勤務していれば、思うように生産性をあげられない従業員に対して、その理由や背景を分析して妥当性を証明することも可能です。

    しかし、見えない場所で働くテレワークの場合、管理者が実態をリアルタイムで把握することが難しくなります。そのため、生産性の低下などに対して正当な理由があるのか、それとも単なる職務怠慢なのかを判断しづらくなってしまいます。

  • 組織力の低下

    従業員同士のアナログなコミュニケーションが取りづらくなるので、チームワークが育ちにくくなる点も課題として挙げられます。このような組織への愛着心(エンゲージメント)の低下も懸念事項の一つです。

    こうした課題を解決するには、テレワークの従業員に対する独自の評価制度やサポート体制をきちんと確立したうえで、導入に踏み切ることが大切です。また、導入後も定期的に実態を調査し、そのつど見直しを検討していかなければなりません。

この記事は、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」の株式会社フリーウェイジャパンが提供しています。フリーウェイ給与計算は、従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも利用できます。

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
給与計算代行のメリットとデメリット
給与明細に書いてあること
給与明細の支給項目とは?
控除項目とは
給与明細書をWeb明細にするメリット
日給月給制とは何か?
年俸制のメリット・デメリット
賃金支払いの5原則
基本給には諸手当を含まない
現物給与が非課税になる場合
就業規則の絶対的記載事項とは?
賃金総額とは何か
平均賃金の計算方法
振替休日と代休の違いとは?
労働基準法について
労使協定の免罰的効力とは?
36協定(時間外労働・休日労働に関する協定届)
出勤簿の保存期間は何年?
通勤手当を支給する義務はない?
法定福利と法定外福利の違いとは?
外国人労働者の届出と雇用管理
在留資格の種類と取得方法
賞与支払届の提出時に気をつけたいこと
春闘の歴史
働き方改革が目指すこと
雇用契約書は法律上の義務?
ホームリーブとは
身元保証人の責任は限定されている?
固定的賃金とは何なのか?
目標管理制度(MBO)のメリットと注意点
等級と号棒とは何か?
ベーシックインカムは非現実的?
コンピテンシーとは何か?
住民税の計算式
住民税の普通徴収とは?
給与支払報告書が会社に届くのはいつ頃?
住民税決定通知書
テレワークのメリットと課題
ネットバンキングでの給与振込を楽にする方法
いろんな給与計算ソフトを比較するポイント
他の給与計算ソフトへ乗り換えるときのポイント
給与業務を低価格で済ませる方法
エクセルで給与計算するときの注意点
早期退職制度
生活残業の特徴と対策
パラレルキャリアとは?副業との違いやメリットを紹介
パラレルキャリアの始め方
昇格、昇進、昇給の違い
ワークライフバランスとは?実現のために知っておきたいこと
pagetop