年末調整のやり直し期限は今年中?

今回は、年末調整のやり直しについて。給与計算担当者にとって年末調整は1年の締めくくり。無事に終われば安心ですが、年が変わるまでは油断は禁物です。

Q.年末調整をやり直す場合は、今年中に再調整しなければならない?

年末調整後、12月31日までの間に特定の事象が起きると、年末調整がやり直しになってしまうことがあります。たとえば、年末に子供が生まれた場合など。では、年末調整をやり直すとして、その期限は今年中なのでしょうか?

気になる答えは・・・

A.「No」です!

安心してください。年末調整のやり直し期限は翌年1月末日までです。所得税法によれば、1月末日に源泉徴収票を配布するまでの期間であれば、年末調整のやり直しができます。年末調整が影響を受ける、代表的なイレギュラーケースを押さえておきましょう。※2017年4月4日に更新

年末調整後に扶養親族等の人数が増減した

年末調整の終了後、その年中に出生・結婚などによって扶養親族等の数に増減が生じた場合、年末調整をやり直します(例:扶養控除配偶者控除)。そもそも年末調整は、12月31日時点の状況で判断されます。年末調整後に扶養親族が増えた場合は、たとえ数日でも1年間、扶養した扱いになるのです。この場合は、異動後の状況に合わせて改めて年末調整して、再調整後の年税額と当初の年税額との差額を還付・徴収します。なお、この場合は従業員自身の確定申告による税額の精算も可能です(通常の確定申告期間を待たずに税務署に申告できます)。

年末調整後に給与を支給した

年末調整が終わった後、その年中に、その年分の給与を追加支給することになった場合、年末調整をやり直します。この場合、追加支給する給与を含めて年税額を再計算し、当初の年末調整による年税額との差額を、追加支給する給与の支払時に徴収します。

年末調整後に保険料を支払った

たとえば、年末調整後に子供が生まれたのに伴い、生命保険料や地震保険料を支払うケースがあります。生命保険料や損害保険料の追加支払いなどによって所得控除額(生命保険料控除など)に変化があった場合は、年末調整をやり直します。改めて保険料控除申告書を提出してもらい、再び年末調整して、当初の納税額との差額を還付します。

まとめ

年末調整でミスした場合は、やり直しになります。ただし、今回のように間違いがなくても、やり直しが必要になる場合も。なぜなら、年末調整の計算は、12月31日時点に、その年がどうだったのかを判断するからです。仕方のないことと割り切って、対処するようにしましょう。

関連記事

年末調整をやり直すときも、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」がオススメです。従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも利用できます。まずは、年末調整ソフトとしての機能の確認から。

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加

給与計算クイズTOPへ戻る

記事の監修者
牛崎 遼

株式会社フリーウェイジャパン
牛崎 遼

株式会社フリーウェイジャパン2007年入社。CSやバックオフィス業務の責任者を務めた後、2009年より給与計算ソフトなどの業務系システムのリリースに携わる。その過程で学んだ各種専門分野の知識を記事として書き、税理士や社労士などの専門家のファクトチェックを得ながら顧客向けのメディアとして運営を開始。メディア「給与計算ブログ」「給与計算クイズ」「会計ブログ」は月間60万PVほど。
pagetop