4人以下の会社なら厚生年金保険に非加入?

今回は、「厚生年金保険」の適用事業所の条件について。「毎月給料から引かれているけど、厚生年金保険って何なの?」という方も多いと思います。社会保険の事務担当者であれば、従業員から質問されたときにスムーズに説明できるようにしておきたいですね。

従業員が4人以下の法人は厚生年金保険に加入しなくていい?

厚生年金保険とは、公的年金制度の1つで、会社勤めの人が加入する保険であり、主に老後の所得保障の役割を果たします。

公的年金制度はよく「2階建て」と表現され、1階が「国民年金」、2階が「厚生年金」にあたり、厚生年金は国民年金の上乗せ部分と説明されます(さらに私的年金を合わせて「3階建て」とも言います)。この厚生年金保険、従業員が4人以下の会社は加入しなくてよいのでしょうか?

気になる答えは・・・

A.「No」です!

今回は、少し意地悪な問題だったかもしれませんね。「個人事業」であれば、常時5人以上の従業員を使用している場合にのみ適用事業所になるため、従業員が4人以下であれば強制加入にはなりません。しかし、「法人」の場合は従業員の数に関わらず、たとえ経営者一人の会社であっても強制加入となります。これは、健康保険と同じルールです。※2018年4月12日に更新

強制加入にならないケース

一点、押さえておきたいのが、常時5人以上の従業員を使用している個人事業の場合でも、以下の業種の場合は強制加入にならないということです(任意での加入は可能です)。

  • 農林水産畜産業
  • 理美容事業(エステサロン・美容院など)
  • 映画の製作、演劇など興行業
  • 接客娯楽事業(旅館・飲食店など)
  • 法務サービス業(弁護士・税理士・社労士など)
  • 宗教業(寺院・神社など)

まとめ

厚生年金保険の適用事業所の条件について紹介しました。個人事業と法人では条件が異なり、よく誤解されています。個人事業の場合は常時5人以上の従業員がいれば、会社なら経営者1人でも適用されますので、注意しましょう。

関連記事

会社の厚生年金加入について学んだら、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」がおすすめ。従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも利用できます。

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
給料を分割払いできる?
最低賃金を減額できる?
給与規定は社員数が少ないと不要?
5分の遅刻でも半日分の減給ができる?
有給申請された日付を変更できる?
社会保険料は全従業員から控除する?
雇用保険料は労使折半で支払う?
退職したら住民税は一括控除?
無収入なら住民税を納めなくていい?
計画的付与で年次有給休暇をすべて消化してもよい?
アルバイトにも有給がある?
65歳以上でも雇用保険料を徴収する?
ボーナス(賞与)から住民税は引かれない?
賞与支給月に退職すると得する?
「退職所得の受給に関する申告書」で節税できる?
退職月で住民税の控除・支払方法が変わる?
月の途中で退職しても社会保険料を控除?
退職後の給与(賞与)から雇用保険料を控除する?
社会保険の扶養家族になるには年収130万未満が条件?
介護保険料を払うのは40歳になった月?
4人以下の会社なら厚生年金保険に非加入?
アルバイトの健康保険加入は任意?
アルバイトも雇用保険に加入?
アルバイトも労災に加入する?
退職後も出産手当金を申請できる?
男性の育休取得で1人につき57万円くれる?
入社すぐでも「時短勤務」を利用できる?
試用期間中の給料は最低賃金の7割に?
懲戒解雇なら解雇予告(手当)は不要?
pagetop