「労働保険」機能の特徴

給与計算における「労働保険」の重要な点は「雇用保険料の計算」と「労働保険の年度更新」です。雇用保険料については、数年に一度、料率が改定されます。フリーウェイ給与計算なら、料率改定も簡単に反映できるので安心。年に一度、複雑な処理が発生する年度更新も、集計表にデータを読み込むだけで手軽に作成できます。また、離職票の発行に必要な賃金台帳も、もちろん自動で作成できます。

料率更新はワンタッチで適用できるので、簡単・安心

雇用保険の料率が改定された場合、最新料率の適用はワンタッチのみ。難しい更新作業がないので、不安なく更新できます。

事業種を選択して「更新」のボタンを押すと最新の料率に更新できます。

労働保険申告書に必要な集計表をすぐに作成が可能です

労働保険の申告は、年に一度の手続きなので手順を忘れがち。フリーウェイ給与計算なら確定保険料と概算保険料を自動で集計します。登録ずみの給与明細から、手間をかけずに集計表を作成できるので、知識に自信がなくても安心です。

作成した集計表を労働保険申告書に転記するだけで申告できます。

離職票の作成に必要な賃金台帳を自動で作成できます

離職票の発行には、賃金台帳の添付が必要です。フリーウェイ給与計算では、手間なくスムーズに手続きができるよう、指定した期間での賃金台帳が出力できます。※年度をまたいでの期間指定には対応していません。今後の対応予定です。

従業員単位で指定した期間の賃金台帳を作成できます。

労働保険の機能に関する「よくある質問」

雇用保険の料率は、自動で適用されますか?
いいえ、自動では適用されません。システム内部では、適宜バージョンアップを実施して最新料率のマスタに対応しますが、その最新料率を適用するタイミングはお客様によって異なります。お客様の給与規定に沿って、ご自身で適用してください。料率更新の手順はワンタッチなので、難しい操作はありません。
労働保険申告書の電子申請はできますか?
いいえ、電子申請には対応していません。

料金プランを見る

pagetop