給料を振込む時間は法律で決まっている?~銀行による振込時間の違い~

kyuuyohurikomi-jikan-01

給与の振り込み時間は何時なのか、各銀行で給与の振り込み時間はどのくらい違うのか、振り込み時間については法律で決まりがあるのかなど、給与の振り込み時間に関して詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか?そこで今回は、給与振り込みに関係する「時間」について解説します。

給料は現金で直接支払う?

毎月の給与が現金で手渡しされる職場は今ではなかなか見かけないかもしれませんが、実は労働基準法では、「賃金は、通貨で直接、労働者にその全額を支払わなければならない」と定められているため、あくまで現金で直接本人に支払うことが基本です。同意を得た上で銀行口座へ振り込むことは、厚生労働省令で定められた例外なのです。

ちなみに、労働基準法では「賃金は、毎月一回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない」とも定められており、給料の支払日は固定しなくてはなりませんが、土日祝日に重なる場合には事前に通知した上で最低限の日数を前後させられます。

給料の振込時間は午前10時まで?

給料を銀行口座に振り込む場合は、賃金支払日の午前10時までに口座から引き出せる状態になっているようにとの指導がなされています。ですが、法律で定められている訳でないので、午前10時を過ぎていても支払日当日に振り込まれていれば問題にはなりません。給料の未払いは違法ですが、銀行のシステムトラブルといった不可抗力で支払日が遅れる場合など、正当な理由があって最低限の遅れで支払われれば、罪には問われません。

給料が銀行口座に振り込まれる時間

従業員が多い会社であれば、総合振込や給与振込で事前に銀行に振込金額などのデータを送信し、銀行で給与日の前日夜中に振込処理がされるので、給料日の深夜0時を過ぎれば、インターネットバンキングなどで振込の確認ができます。ATMの利用開始時間、銀行窓口の受付時間になれば、通帳記入をして振り込みを確認し、給料を現金で引き出せます。

従業員が少ない企業や個人事業では、給料日の前日や当日にインターネットバンキング、銀行窓口やATMから振込手続きをしている場合もあると思います。給料日になって慌てて振込手続きをすると、相手の銀行口座に振り込まれるタイミングが気になると思いますが、給料の振り込みにはどのくらい時間がかかり、銀行によっても違いがあるのでしょうか?

銀行による振込時間の違い

2018年10月からが全国銀行データ通信システムが24時間365日対応し、銀行振込がより便利になりました。大手銀行のウェブサイトに記載されている振込時間の案内を比較してみると、銀行によって違いがあるようです。

  • ゆうちょ銀行

    ゆうちょ銀行は、全国銀行データ通信システムにより、ゆうちょ銀行と他の金融機関との振り込みの即時入金時間が拡大されました。貯金窓口であれば営業時間(平日9~16時)、ATMであればATMの利用可能時間内、ゆうちょダイレクトも利用可能時間内(毎日23:55~0:05は利用不可)に振込手続きをすると、即時入金されると案内されています。

  • 三菱UFJ銀行

    三菱UFJ銀行も、全国銀行データ通信システムにより、他行あて振込の24時間365日即時振込ができますが、ATMとコンビニATMではキャッシュカードのみの対応で、ATMで現金の即時振込は平日18:00までが対象、また、システムメンテナンスのため、毎月第2土曜日21:00~翌7:00は利用不可になっています。

  • りそな銀行

    りそな銀行は、同システムにより、他行あて振込の24時間365日当日振込が利用できます。ただし、現金を利用した振り込みは有人店舗のATMで平日8:45~18:00に限るとされています。

  • みずほ銀行

    みずほ銀行は、2019年5月から全国銀行のサービスに参加し、他銀行の口座に対しても24時間即時入金が開始され、以前は翌営業日扱いとなっていた平日15時以降、土・日曜日、祝日のみずほ銀行の口座から他銀行への振り込みも、即時入金されると案内されています。

給料を給与支給日に確実に振り込むために

各銀行の総合振込や給与振込では、締め切りが何営業日前と決められていますので、締め切りに合わせてデータを送信する必要があります。締め切りに間に合えば、給与の支払日の日付が変わるとともに振り込まれます。窓口やATM、インターネットバンキングを利用して給与を振り込む場合には、メンテナンス時間や振込先の金融機関の状況などにより翌日以降の取り扱いとなる場合もありますので、給与日に確実に振り込むためには、前日までに振込日を指定して、振り込み手続きをしたいものです。

給料の振込時間のまとめ

給料を振り込む際に時間まで意識をすることが無かった人が多いかもしれませんが、全国銀行データ通信システムの拡大によって他銀行の口座に対しても迅速に反映されるようになり、とても便利になっていたことがわかりました。ですが、給料日に自分の口座にお金が入ってくるのが遅いと、従業員は心配になるものです。ギリギリになって振り込み手続きをするのではなく、前もって給料日の前日までに振込日を指定しておくなどの対応をしておくと良いでしょう。銀行システムのさらなる発展にも、期待したいと思います。

この記事は、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」の株式会社フリーウェイジャパンが提供しています。フリーウェイ給与計算は、従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも利用できます。

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
pagetop