給与デジタル払いとは~解禁までに押さえておきたいメリット・デメリット~

kuuyo-digitalbarai-01

メディアでも最近話題になっている「給与デジタル払い」。今まで金融機関の口座に振り込まれることがほとんどだった給与がスマホ決済アプリなどで受け取れるようになる仕組みのことを指しますが、解禁されると企業や従業員にとってどのような変化がおこるのでしょうか?そこで今回は、給与デジタル払いについて解禁までに概要を押さえておきたい方に向けて、開始時期、具体的な仕組み、メリット・デメリット、政府が制度を変更する理由などについて解説します。※2021年4月26日に更新

給与支払いの原則

賃金の支払いについては労働基準法24条で「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。」と定められています。ただし、厚生労働省令で定める確実な方法で支払う場合には、通貨以外での支払いが可能なため、金融機関の口座への振込による支払いが例外として認められています。では、金融機関の口座への給与振込と、給与デジタル払いは何が違うのでしょうか?

デジタル払いの仕組み

デジタル払いは、銀行以外の資金移動業者が管理するキャッシュレス決済口座への送金で、代表的なものにPayPay、LINE Pay、楽天Pay、PayPalなどスマートフォンの決済アプリがあります。資金移動業者は100万円までの少額取引に限定されますが、銀行法上の為替取引と同等の取引が可能です。資金移動業者が発行するペイロールカードが〇〇Pay決済サービスと結びつけられ、銀行口座を介さずに直接決済サービスを通じて給与支払いができるというものです。

政府が制度変更をする理由

現在、日本のキャッシュレス決済比率は2~3割であり、キャッシュレス決済が普及している韓国で9割以上、イギリスや中国では約7割など、世界と比べて日本は低い水準にとどまっています。そこで政府は2025年にキャッシュレス決済比率を4割まで引き上げることを目標に掲げ、2019年10月の消費税率引上げにあわせて、中小事業者によるキャッシュレス決済を支援するポイント還元のキャンペーンも打ち出しました。

キャッシュレス決済を進める主な理由として、現金の取り扱いに関するコスト削減と生産性向上、訪日外国人による消費の拡大、などがあります。そのためには、銀行口座からの引き落としが基本となるクレジットカード決済だけでなく、スマートフォンを活用したQRコード決済、プリペイド式のICカード決済など、キャッシュレス決済の種類も増やして全体としての利用を増やしていく必要があります。

また、銀行口座を介さないキャッシュレス決済口座へ直接、給与の振り込みを可能にすることで、キャッシュレス決済の利用をさらに大きく広げる狙いがあります。

給与デジタル払いのメリット

給与のデジタル払いの仕組みは、銀行口座を持たない労働者を対象にした給与の支払い手段として海外で提供が開始されました。そのため、銀行口座の開設が難しい外国人労働者、日雇い労働者、アルバイトなどの非正規労働者に給与を支払う場合には、利便性が高いとされています。

資金移動業者の口座への送金は銀行口座への送金よりも手数料が安く、送金手数料を削減できるメリットがあります。銀行口座を介さず、外国人労働者が海外の家族へ送金できるシステムもあり、今後さらに利用が拡大していくと予想されます。

給与デジタル払いのデメリット

資産などの厳しい要件を満たし審査を受けて許可された金融機関と異なり、資金移動業は登録要件を満たせば営業ができます。また、不正利用に対しても、預金者保護法という法律で定められている金融機関とは異なり、資金移動業の場合、補償内容は個々の会社で決めているため、法律による共通の補償規定はありません。

現時点では、資金移動業者が経営破綻したときの補償や、迅速な払い戻し、資金の保全、ハッキングやセキュリティの不備による不正送金などに対する課題への対応が十分ではありません。また、100万円の上限があるため、高額な給与の振り込みには適さないというデメリットもあります。

給与デジタル払いはいつから始まる?

政府は2021年春に給与のデジタル払いを解禁する準備を進めていました。しかし、日本労働組合総連合会は、給与の振込先になる資金移動業者には法律に基づく共通の補償規定がなく安全性に問題があると反対して、決着がつきませんでした。

政府は、資金移動業者が経営破綻した場合は保証機関などが支払いを肩代わりする仕組みや、不正取引の補償、ATMなどで1円単位で現金化できることなどを条件とし、一定の条件を満たす資金移動業者の決済アプリを給与の振込先として認める方針です。

給与デジタル払いまとめ

安全性の問題など解決すべき課題はありますが、日本がさらなるキャッシュレス化を進めるうえで、給与のデジタル払いは鍵になるとも言われています。実際に制度化されると、給与支払いの仕組みや方法を変更する必要がありますので、今後の動きに注目です。

この記事は、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」の株式会社フリーウェイジャパンが提供しています。フリーウェイ給与計算は、従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも利用できます。

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
給与明細とは~支給項目、控除項目について解説~
基本給とは~総支給額などとの違いについて解説~
通勤手当とは~支給の義務、非課税限度額について~
日給月給制とは?~他の給与体系との違い~
退職月で住民税の控除・支払方法が変わる
減給の制裁とは~従業員が遅刻した場合の給料~
賞与から住民税は天引きされない~ボーナスの所得税の計算方法~
賞与を年4回以上の支給にすると社会保険上の「報酬」になる
退職する従業員の住民税の徴収
ずっと無職でも住民税は納める~前年に収入があった場合は要注意~
年俸制とは~採用するメリットとデメリット、ボーナス、残業時間~
現物給与とは?所得税と社会保険との関係
賃金総額とは~該当するもの、しないもの~
平均賃金とは~金額の求め方、例外的な計算方法、含まれない賃金~
出勤簿とは~役割、対象者、記載項目、保存期間について~
法定福利と法定外福利の違いとは?
賞与支払届とは~標準賞与額との関係、提出時の注意点~
固定的賃金とは何なのか?
児童手当はいつからもらえる?申請の方法と注意点
給与支払報告書とは~個人別明細書、総括表、提出について~
住民税決定通知書とは~受取り方、届いた後にやること、手元にない場合~
普通徴収と特別徴収の違い~住民税の納付方法は2つある~
給料の分割払いはできない~賃金支払いの5原則とは~
賞与支給月の月末に退職すると損をする
住民税の計算式~所得割と均等割~
休業手当とは~計算方法、休業補償との違い~
給与計算実務能力検定とは~取得するメリットや効果的な勉強方法を解説~
給料を振込む時間は法律で決まっている?~銀行による振込時間の違い~
給与計算をアウトソーシングするメリットとポイント
賞与計算するときの注意点とポイント
給与デジタル払いとは~解禁までに押さえておきたいメリット・デメリット~
pagetop