他の給与計算ソフトへ乗り換えるときのポイント

給与計算ソフトの乗り換え

すでに、何かしらの給与計算ソフトを使っているものの、別の給与計算ソフトへの乗り換えを検討することがあると思います。ないしは、すでに特定の給与計算ソフトへの移行を決めている方もいるでしょう。そういった方々が何に気をつけると、スムーズに乗り換えられるのか。そのポイントを紹介します。※2018年5月25日に公開

別の給与計算ソフトへ移行する理由は?

方法の前に、改めて思い出すべきことがあります。それは、何のために他の給与計算ソフトへ乗り換えるのかということです。乗り換えることが目的になってしまうと、移行後に「こんなはずではなかった」と後悔することになるかもしれません。乗り換えの理由は、例えば以下のようなものが考えられます。

  • コストを削減したいから

    いま使っている給与計算ソフトの月額利用料や保守料金が高いので削減したいから、という理由です。世の中にたくさんある給与計算ソフト。料金体系や金額も様々です。「もっと安くできるのではないか?」という疑問をもち、比較的に安価なクラウド給与計算ソフトなどへの移行を検討する方もいるでしょう。

  • 業務を効率化したいから

    いま使っている給与計算ソフトでは解決できない課題があり、解決できる機能をもつ給与計算ソフトを使いたいという理由です。従業員数が増えたり、社内のルールや体制が変わったりといったことで、いまの給与計算ソフトの機能では物足りなくなることがあると思います。たとえば、ペーパレス化を推進することになったとします。紙で従業員に渡していた給与明細を、Web明細に変更しなければなりません。もし、その機能の無い給与計算ソフトを使っていた場合には、移行を検討することになります。

  • 今の給与計算ソフトの提供が終了するから

    ある意味、待ったなしの理由です。ずっと使っていた給与計算ソフトの開発とサポートが終了し、使えなくなってしまうことがあります。その場合は、終了時期までに、新しいソフトへ移行しなければなりません。この理由の最大の特徴は、移行しないという選択肢がない点です。

  • 親会社や取引先の事情があるから

    曖昧な表現ではありますが、このケースは上記3つと明らかに異なります。何が違うかというと、すでに乗り換え先の給与計算ソフトが確定しているという点です。つまり、様々な給与計算ソフトを比較するのではなく、特定の給与計算ソフトありきで、スムーズな移行を考えなければならないのです。たとえば、顧問の会計事務所、社労士事務所と同じソフトを使うことになった、子会社化されたことで親会社が指定したソフトを使わざるを得ない、といった理由です。

乗り換えに必須なのは「データの移行」

給与計算ソフトに限らず、業務系システムであればデータを新しいソフトへ移したいもの。給与計算ソフトの場合、以下のデータを新しいソフトに移せると、乗り換えた後に困ることが少なくなります。

  • 従業員データ

    通常の給与計算ソフトでは、まず従業員データを登録する必要があります。業務効率を考えると、従業員データを新しい給与計算ソフトへ手入力するという事態は避けたいものです。ただし、従業員数が少ない場合には、手作業で入力した方が作業時間が短くなるかもしれません。後述しますが、今のソフトから吐き出したデータを、どれぐらい加工したら新しいソフトへ取り込めるのかを確認して、大変そうであれば新しいソフトに手入力しましょう。

  • 給与、賞与データ

    給与計算ソフトの肝になるのは、給与と賞与のデータです。そのデータを新しい給与計算ソフトへ移行できなかった場合は、今のソフトと併用することになります。乗り換えが完了するタイミング(例:年末調整が終わったあと)まで併用するのは当然としても、移行した後にも古いソフトを使い続けるとなると「コスト削減」と「業務効率化」が難しくなります。手間はかかりますが、給与と賞与のデータは、新しいソフトへ移しましょう。ただし、「過去のデータは明細で確認するから良い」というように、ソフト上ではない場所で過去データを参照すると割り切ってしまう方法もあります。その場合はデータの移行が不要になりますが、かたやソフト上、かたや紙やPDFなどで確認となると、効率がよくありません。どうしても移行が難しければ、せめて前年度のデータぐらいは、新しいソフトへ移すようにしましょう。

移行するデータには加工が必要になる

今のソフトからエクスポートしたデータを、そのまま新しいソフトへインポートできるケースは滅多にありません。たいていの場合、今のソフトから出力したデータの項目名などを、新しいソフトに取り込める形式に合わせて修正することになります。どうしても手間がかかりますが、新しいソフトへ乗り換えた後の業務効率化のためには、やむを得ない作業です。ただし、新しいソフトへ手作業でデータを入力した方が時間を短縮できそうであれば、データの加工ではなく、手入力を選んでください。

乗り換えに適切なタイミング

給与計算の締めくくりといえば、年末調整です。年末調整が終わった後ぐらいが、新しい給与計算ソフトへ移行する最適なタイミングになります。ないしは、算定基礎届の提出が終わった後という選択肢もあるでしょう。とは言いつつも、以下のような事情があれば例外です。

  • 適切ではない時期に、いまの給与計算ソフトの保守契約が切れてしまう
  • 親会社などの都合で、すぐに新しいソフトへ乗り換えなければならない
  • コスト削減と業務効率化が緊急の課題となっており、年末調整まで待っていられない

乗り換えの段取り

ケースバイケースですが、新しい給与計算ソフトへ移行する際、以下のような段取りが考えられます。場合によっては省略できる手順もありますので、あくまで参考までに読んでください。

  1. 乗り換える理由の再確認
  2. 新しいソフトの比較と選定(決まっていれば省略)
  3. 選定したソフトの体験版または無料版の導入
  4. データ移行のテスト(手入力するなら省略)
  5. 必須機能の操作方法の確認
  6. データの完全移行と本番導入

乗り換え先として最適な給与計算ソフトは?

乗り換え先の給与計算ソフトが決まっていて、絶対に変更できないという方は、ここで読むのを終えてください。そうではない方に、おすすめなのが「フリーウェイ給与計算」です。フリーウェイ給与計算は、従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算ソフト(従業員6人以上は無制限で、月額1,980円のみ)。年末調整、Web明細、全銀データ出力の機能も0円で使えますので、業務効率化とコスト削減を実現できます。もちろん、給与・賞与、従業員データをインポートできます。さらに、データ保存期間が無制限のため、過去データを移行するときも安心です。フリーウェイ給与計算は、WindowsでもMacでも利用できますので、ぜひ使ってみてください。

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
給与計算代行のメリットとデメリット
給与明細に書いてあること
給与明細の支給項目とは?
控除項目とは
給与明細書をWeb明細にするメリット
日給月給制とは何か?
年俸制とは何か?~残業代やボーナスは出るのか?そのメリットやデメリットについて~
賃金支払いの5原則
基本給には諸手当を含まない
現物給与が非課税になる場合
就業規則の絶対的記載事項とは?
賃金総額とは何か
平均賃金の計算方法
振替休日と代休の違いとは?
労働基準法について
労使協定の免罰的効力とは?
36協定(時間外労働・休日労働に関する協定届)
出勤簿の保存期間は何年?
通勤手当を支給する義務はない?
法定福利と法定外福利の違いとは?
外国人労働者の届出と雇用管理
在留資格の種類と取得方法
賞与支払届の提出時に気をつけたいこと
春闘の歴史
働き方改革が目指すこと
雇用契約書は法律上の義務?
ホームリーブとは
身元保証人の責任は限定されている?
固定的賃金とは何なのか?
目標管理制度(MBO)のメリットと注意点
等級と号棒とは何か?
ベーシックインカムは非現実的?
コンピテンシーとは何か?
住民税の計算式
住民税の普通徴収とは?
給与支払報告書が会社に届くのはいつ頃?
住民税決定通知書
テレワークのメリットと課題
ネットバンキングでの給与振込を楽にする方法
いろんな給与計算ソフトを比較するポイント
他の給与計算ソフトへ乗り換えるときのポイント
給与業務を低価格で済ませる方法
エクセルで給与計算するときの注意点
早期退職制度(希望退職制度)とは何か?
生活残業の特徴と対策
パラレルキャリアとは?副業との違いやメリットを紹介
パラレルキャリアの始め方
昇格、昇進、昇給の違い
ワークライフバランスとは?実現のために知っておきたいこと
ストレスチェックの概要と実施方法
HRテックとは何か?注目される背景とサービスの種類
給与前払いサービスとは?その仕組み、メリット、注意点について
児童手当はいつからもらえる?申請の方法と注意点
pagetop