所得税徴収高計算書

「所得税徴収高計算書」(通称:納付書)は、源泉徴収した所得税を国へ納付する際に使用する計算書、兼 納付書です。所得税法により、事業主(会社など)は、給与・賞与・退職金や、税理士・社労士等へ報酬を支払う際、支払額から「所得税」を天引き(源泉徴収)して国に納付する必要があります。この仕組みを「源泉徴収制度」といいます。なお、平成25年~平成49年までは、「所得税」とあわせて「復興特別所得税」を徴収・納付します。(以下、「所得税」には復興特別所得税を含みます)※2017年5月2日に更新

給与等から源泉徴収した所得税の納付

原則、給与等を支払った月の翌月10日までに、「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」を使用して金融機関、または税務署で納付します。所得税徴収高計算書には「一般分」と、翌月10日の制限を受けない納期の特例の適用を受けている場合に使用する「納期特例分」の2種類があります。

納期の特例

従業員が常時10人未満の場合、半年分をまとめて納付できる特例です。対象は、給与・退職金、税理士等への報酬から源泉徴収した所得税に限ります。特例の承認を受けた場合、1月~6月支払分を7月10日までに、7月~12月支払分を翌年1月20日までに納付します。特例の承認を受けるには「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を税務署へ提出します。

所得税徴収高計算書の書き方のポイント

所得税徴収高計算書は複写式です。黒のボールペンを使用し、枠内に楷書で丁寧に記入します。金額を書き誤った場合は新しい所得税徴収高計算書に書き直します。

所得税徴収高計算書の記入項目

  • 「年度」…会計年度
  • 「税務署名」「整理番号」・・・所轄の税務署名と、会社に付番されている整理番号
  • 「納期等の区分」・・・給与等を支払った年月日
  • 区分ごとの「支払年月日」、「人員」、「支給額」、「税額」
  • 「本税」・・・「税額」の計
  • 「合計額」・・・「本税」と「延滞税」を計算した納税額 (¥を付けて記入)

年末調整月(例:12月)の記入項目

12月の所得税の納付時には、年末調整に関係する記入項目があります。年末調整の結果、不足額を徴収した場合は「年末調整による不足税額」欄に、超過額を還付した場合は「年末調整による超過税額」欄に記入します。

超過税額の精算について

「年末調整による超過税額」がある場合は、「税額」の合計と差引して精算します。12月で精算しきれない分は翌年1月または2月に精算します。なお、「年末調整による超過税額」が「税額」合計を超える場合、納める税金はありませんが、納付書のみ税務署へ提出する必要があります。

その他の所得税徴収高計算書

  • 非居住者・外国法人の所得についての所得税徴収高計算書

    非居住者等の所得から源泉徴収した所得税を納める場合に使用します。

  • 報酬・料金等の所得税徴収高計算書

    税理士・社労士等以外への報酬、料金、契約金等から源泉徴収した所得税を納める場合に使用します。

まとめ

  • 所得税徴収高計算書は、源泉徴収した所得税を国に納付するときに使う書類
  • 所得税の納付には特例がある(常時雇用している従業員が10人未満なら)

関連記事

所得税徴収高計算書について学んだら、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」がおすすめ。従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも使えます。まずは、年末調整ソフトとしての機能の確認から。

このエントリーをはてなブックマークに追加
年末調整が必要な理由(所得税の仕組み)
年末調整で受けられる控除
法定調書とは
給与所得の源泉徴収票
扶養控除等申告書
保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書
退職所得の源泉徴収票・特別徴収票
不動産の使用料等の支払調書
報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
配当、剰余金の分配、金銭の分配及び基金利息の支払調書
非居住者等に支払われる給与、報酬、年金及び賞金の支払調書
所得税徴収高計算書
源泉徴収税額表
住宅ローン控除
給与所得控除
基礎控除
社会保険料控除
扶養控除
障害者控除
寡婦控除(寡夫控除)
勤労学生控除
小規模企業共済等掛金控除
生命保険料控除
配偶者控除
地震保険料控除
配偶者特別控除
pagetop