厚生年金基金とは~厚生年金保険との違い、解散について~

厚生年金基金

厚生年金基金とは、単独の企業または複数の企業によって運用される私的年金です。それぞれの基金独自で加算して年金を給付しており、公的年金の「上乗せ」としての役割を担っています。※2018年3月14日に更新

厚生年金基金の3つのポイント

  • 厚生年金基金は、国に代わって厚生年金保険の年金給付(老齢給付の一部)を代行している。
  • 厚生年金基金は、従業員の負担は増えずに年金が増える。一方、事業主は基金に納める分のお金の負担が増える。
  • 平成26年4月1日以降に解散した厚生年金基金基金については、代行部分の年金は国が給付するが、基金独自のプラスアルファ部分は支給されない。

厚生年金基金と厚生年金保険の違い

厚生年金基金は、厚生年金保険と言葉が似ています。しかし、保険、基金というからには仕組みが異なりますので、押さえておきましょう。繰り返しますが、厚生年金基金は、一企業または複数の企業が運用する私的年金であり、公的年金の上乗せ部分になる年金です。一方の厚生年金保険は、国が運営する公的年金です。では、なぜ似たような言葉が使われているかと言うと、厚生年金基金は、厚生年金保険の年金 (老齢厚生年金の一部) の支給を代行するからです。厳密に言うと、厚生年金基金に加入していた期間にかかる年金を、国に代わって給付します。

厚生年金基金は従業員が得、事業主は負担増

従業員と事業主が負担する厚生年金保険料は、厚生年金保険でも厚生年金基金でも変わりません。負担する保険料は同じで、給付される年金は上乗せされます。一方、厚生年金基金に加入している事業主は、基金にお金を納めます。その中身は、従業員と事業主で折半した厚生年金保険料の一部と事業主だけが負担する掛金です。当然ですが、掛金として納めた厚生年金保険料は、国への納付が免除されます(免除保険料)。厚生年金基金に加入している事業主が国に収める厚生年金保険料は、免除保険料を差し引いた保険料になるわけです。

厚生年金基金に加入しているか確認する方法

厚生年金基金に加入しているか否かは、給与明細を見ると分かると思います。厚生年金基金に加入していれば、厚生年金保険料と「厚生年金基金掛金」と書いてあるはずです。前述のとおり、従業員が負担する厚生年金保険料の金額は、基金の加入非加入とは無関係です。ただし、保険料の一部(免除保険料)を掛金として基金に納めるため、従業員が負担した免除保険料が分かるように、給与明細には「厚生年金基金掛金」と記載されます。厚生年金基金に加入非加入を確認する別の方法としては、「ねんきん定期便」の年金加入記録を見るという手段もあります。ねんきん定期便は、年に1度、誕生月に日本年金機構から送られてきます。

厚生年金基金から年金を給付されてない?

ご存知のとおり、年金をもらうには請求しなければなりません。それは、公的年金も私的年金も同じです。厚生年金基金に加入していた時期があるのに、基金から年金を支給されていないという方は、まずは加入していた基金に問い合わせましょう。加入していた期間が短かったり、基金が解散していたりする場合は、企業年金連合会から年金を支給されることもあるようです。

厚生年金基金が解散したらどうなる?

厚生年金基金が解散した場合は、基金に代わって、企業年金連合会が年金を給付します。基金が国から代行していた部分と基金独自のプラスアルファの部分も含めて。ただし、それは平成26年3月31日以前に解散した厚生年金基金の場合です。平成26年4月1日以降に解散した基金については、代行部分の年金は国が給付しますが、プラスアルファ部分は支給されなくなります。

この記事は、株式会社フリーウェイジャパンが制作しています。当社は、従業員5人まで永久無料の給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」を提供しています。フリーウェイ給与計算はクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも利用できます。ご興味があれば、ぜひ利用してみてください。詳しくは、こちら↓

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
月の途中で退職した従業員の社会保険料の控除
社会保険料の算出方法と負担割合~会社の全額負担?従業員の全額負担?~
介護保険料の負担は「40歳の誕生日の前日の属する月」から
雇用保険料は労使折半ではない~労災は全額が会社負担~
退職後の給与(賞与)からも雇用保険料を控除する
定時決定が必要な理由とは?~対象になる従業員の条件~
随時改定の対象になる従業員とは?~不要なケースもあるため要注意~
算定基礎届とは~記載内容、対象になる従業員、提出先、提出方法について~
標準報酬月額とは~決定と改定について~
支払基礎日数とは~数え方、17日未満の月がある場合~
厚生年金保険とは?~4人以下の個人事業であれば強制加入ではない~
協会けんぽとは~被保険者と保険給付の種類~
先進医療も高額療養費制度の対象になる?
傷病手当金(しょうびょうてあてきん)とは?
基本手当とは何か~受給要件と受給額の計算方法~
出産育児一時金とは~転職や退職に注意~
求職者給付とは~一般、高年齢、短期雇用、日雇の違い~
雇用継続給付とは~高年齢雇用継続、育児休業、介護休業について~
教育訓練給付とは~一般教育訓練と専門実績教育訓練~
就業促進給付とは~再就職手当、就業促進定着手当、就業手当、常用就職支度手当~
労働保険とは?保険料の計算と納付、年度更新
雇用保険とは~加入手続き、保険料の計算と納付、失業等給付の種類~
労災保険とは~加入手続き、保険料の計算と納付、対象の災害~
被用者保険とは何か
任意継続とは~加入できる期間、保険料、メリットについて~
介護保険とは?被保険者の区分と保険料について
基礎年金番号とは?~その中身と確認方法~
確定拠出年金と確定給付年金の違い
厚生年金基金とは~厚生年金保険との違い、解散について~
年金払い退職給付とは?~官民格差と職域加算~
国民年金基金とは~加入条件、地域型、職能型について~
国民年金とは?~被保険者と基礎年金の種類~
日本の年金制度は3階建て?
65歳以上でも雇用保険料を徴収する
pagetop