「年収130万の壁」の計算方法とは

親子と家

今回は「社会保険の被扶養者と年収」について。「年収130万円の壁」というフレーズを聞いたことがある方も、多いのではないでしょうか。そもそも、社会保険の被扶養者の年収は、130万円未満でなければなりません。この条件に該当してはじめて親や配偶者の扶養に入ることができ、自分で健康保険料・年金保険料などの社会保険料を支払う必要がなくなるのです。※2020年10月11日に更新

年収130万円は、過去の年収とは無関係

社会保険の被扶養者になるための条件の1つである「年収130万円未満」というのは、過去の年収とは無関係です。被扶養者になるには、被扶養者として認定される日以降、将来の給与、不動産収入や年金収入なども含めた、以下の条件を両方とも満たす必要があります。

社会保険の被扶養者になる条件

  • 年間の収入の見込みが130万円未満(60歳以上の場合や障害厚生年金を受給できる程度の障害を有する場合は180万円未満)
  • 被保険者の収入の2分の1未満(※)

    なお、給与所得者の場合は「月額108,333円以下」で、雇用保険等の受給者の場合は「日額3,611円以下」という条件も満たす必要があります。また、給与所得者の場合、通勤手当や交通費も収入に含まれますので、注意が必要です。

    ※同居の場合:被保険者(扶養者)の収入の半分未満

    ※別居の場合:被保険者(扶養者)からの仕送り額未満

健康保険の被扶養者となる条件

健康保険の被扶養者になるためには、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

  • 直系尊属、配偶者、子、孫、兄弟姉妹と3親等内の親族

    直系尊属とは、父母や祖父母など、自分より上の世代のうち、自分と直接つながっている系統の親族のことです。そのため、叔父や叔母、配偶者の父母や祖父母は含まれません。また、配偶者は内縁でも、子どもは養子でもかまいません。ただし、直系尊属や配偶者、子、孫、弟妹以外の家族の場合は、従業員本人と同居している必要があります。

  • 年間収入の見込みが130万円未満(60歳以上や障害者の場合は180万円未満)であり、被保険者の収入の2分の1未満であること

    金額の判断基準・計算方法は上述のとおり。被保険者となる従業員と同居していることが前提です。なお、同居している場合、収入が被保険者(扶養者)の半分以上であっても、その世帯の生活状況を総合的に判断して、被保険者本人がその世帯で中心的役割を果たしている場合は、条件を満たしていると判断される場合もあります。

「扶養の基準」は所得税と異なる

給与計算担当者が扶養で注意すべきなのは、社会保険と所得税とでは扶養家族の基準が異なるということ。所得税法上の扶養家族の条件は、以下のとおりです。

  • 納税者の6親等内の血族、もしくは3親等内の姻族
  • 納税者と同一生計
  • 合計所得金額が38万円以下

特に、「合計所得金額が38万円以下」の条件はしっかり覚えておきましょう。社会保険では将来の見込み収入額で「収入」を判断しますが、所得税法で言う「所得」は、1~12月の年単位の実績で計算します。年末に締めて38万円以下だったかどうかで判断するのです。なお、所得税において扶養家族として認められた場合は、納税者本人が、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除を受けられることになります。

「所得」と「収入」の違い

所得税は言うまでもなく所得に対して課せられる税金ですが、ここで言う「所得」とは「収入」のことではありません。「手取り」とも異なりますので、以下の計算式を参考にしてください。

所得の計算式

所得 = 収入(1~12月の給与年収) - 必要経費(給与所得控除)

給与所得控除の金額

給与所得控除の金額は年収によって異なります。給与所得控除の金額が55万円を下回る場合は、一律で55万円が控除されます。詳しくは、国税庁のホームページを参考にしてください(税制改正により、令和2年から、給与所得控除額の最低額が65万円から55万円に引き下げられました)。

所得が48万円以下なら課税されない

所得税を計算するための「課税所得」は、上記の所得から「粗所得控除」を差し引いて計算します。その所得控除の中で誰でも受けられるのが「基礎控除」の「48万円」。つまり、所得が48万円以下なら課税所得が0円になり所得税はかからなくなります(税制改正により、令和2年度から、基礎控除の金額が38万円から48万円に引き上げられました)。

「年収130万円の壁」の条件まとめ

今回は、社会保険の扶養の「130万円の壁」について紹介しました。この130万円は、将来の見込み年収で判断されます。一方、所得税の扶養か否かは、1月から12月の所得(実績)で決まります。同じ扶養でも基準が異なりますので、正確に押さえておきましょう。

関連記事

この記事は、株式会社フリーウェイジャパンが制作しています。当社は、従業員5人まで永久無料の給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」を提供しています。フリーウェイ給与計算はクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも利用できます。ご興味があれば、ぜひ利用してみてください。詳しくは、こちら↓

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
年金手帳は会社が預かる?紛失したときの再発行方法は?
懲戒解雇した場合の解雇予告(手当)
有給申請された日付は変更できる(時季変更権)
試用期間中の給与計算~最低賃金から2割まで減額できる~
給与規定の作成が義務になる条件
「年収130万の壁」の計算方法とは
賃金台帳とは?~記載項目と保存期間について解説~
ハローワーク(職安)の役割とは?
離職証明書と離職票とは?
労働者名簿とは~保存期間と記載事項について解説~
就業規則の絶対的記載事項とは?
労働基準法とは?労働者がいても適用されない場合がある?
労使協定の免罰的効力とは?
36協定とは何か?
春闘とは何か?交渉内容、流れ、歴史について解説
身元保証人の責任は限定されている?
雇用契約書は法律上の義務?
ホームリーブとは?業務の出張は該当しない?
目標管理制度(MBO)のメリットと注意点
コンピテンシーとは何か?
号俸と等級とは何か?
昇格、昇進、昇給の違い
HRテックとは何か?注目される背景とサービスの種類
振替休日と代休の違いとは?
ベーシックインカムは非現実的?
今年から始める?ふるさと納税とは
退職後も出産手当金を申請できる
事業場外のみなし労働時間制とは何か
年次有給休暇の計画的付与制度
フレックスタイム制とは何か
アルバイトの健康保険、雇用保険、労災保険への加入
裁量労働制とは~専門業務型と企画業務型~
アルバイト・パートも年次有給休暇を取得できる~正社員との比較、日数や条件について解説~
短時間勤務制度は入社すぐの従業員でも利用できる~例外は労使協定で~
「退職所得の受給に関する申告書」で節税できる
生時両立支援助成金(通称:イクメン助成金)
最低賃金制度とは~違反していないか確認する方法~
pagetop