タイムカードどおりに残業代を支払う?

皆さんは、どのような方法で勤怠を管理していますか?自社のシステムを使っている会社も増えていますし、エクセルで管理している会社もあるでしょう。「出勤簿にハンコ」や「手書き」の会社もあるかもしれませんね。そんな中、従来より多くの会社で使われていながら賛否両論あるのが「タイムカード」です。

Q.残業代はタイムカードどおりに支払う必要がある?

「タイムカードの打刻時間によって残業代が算出されている」と考えている人は多いと思います。では実際に、会社はタイムカードの打刻時間どおりに、残業代を支払わなければならないのでしょうか?

Answer 気になる答えは・・・

「No」です!

そもそも、会社が従業員の労働時間を管理する方法は決められていません。つまり、タイムカードを導入するもしないも会社の自由。当然、タイムカードの時間どおりに給料や残業代を計算・支給する義務はありません。※2017年7月24日に更新

「タイムカードの時間=労働時間」ではない!

通常であれば、タイムカードに打刻されるのは仕事を開始した時刻ではなく「出社した時刻」であり仕事を終えた時刻ではなく「退社した時刻」となるはずです。ほとんどの場合、始業時刻と出社時刻、終業時刻と退社時刻にはロスタイムがあるわけで、このロスタイムも含めて労働時間とするのは会社にとって納得できることではないでしょう。

遅くまで残業している理由が何か

たとえば、仕事中におしゃべりをしたりタバコ休憩をしたり、ネットサーフィンをしたり・・・。にもかかわらず、毎日遅くまで残業をしている社員が「タイムカードどおりに残業代を払ってください!」と主張してきても基本的に会社はこれに応じる必要はありません。

念のため就業規則の規定を確認

もし、就業規則に「タイムカードの打刻時間どおりに給料を支払う」旨の規定があればタイムカードどおりに給料を支給する必要がありますが、そうでない限り実労働時間に対して給料を支払えば済みます。

タイムカードの時間=会社にいた時間

タイムカードの時刻は、労働時間を把握するうえでの基準にはなりますが必ずしも「タイムカードの時間=労働時間」として計算する必要はありません。タイムカードは従業員が「会社に居た時間」を示しているに過ぎずこれだけで「働いた時間(実労働時間)」を正確に把握することはできないのです。

会社には「従業員の労働時間を管理する義務」

会社は、従業員の労働時間・残業時間を適正に管理しておく必要があります。これは、給料・残業代を計算するためだけではありません。会社は、労働者の生命、身体の安全、健康を確保するという安全配慮義務を負っているからです。未払い残業代請求や長時間労働による健康障害など、会社の管理責任が争われる場面では会社が適正に労働時間を管理していたかどうかが極めて重要なポイントになるのです。

まとめ

上述のとおり、タイムカードは労働時間を把握するうえで客観的な記録になります。残業代削減などの理由でタイムカードを導入していない会社もありますがこのことが会社にリスクをもたらすケースもあります。たとえば、サービス残業などで従業員に訴えられた場合会社に労働時間の記録がなければ会社の主張を裏付けることができず従業員の主張が認められることになりかねません。

会社にとって重要なのは、タイムカードの有無にかかわらず従業員から未払い残業代請求などをされたときに反論できる証拠を残しておくこと。適確な方法で労働時間を管理・記録することが会社にとって最大のリスクヘッジになるはずです。

タイムカードと残業代について学んだら、5人まで永久無料の給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」がオススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
残業させたら残業代を必ず支払う?
合意があれば割増賃金を支払わない?
休日出勤したら必ず割増賃金が発生する?
変形労働時間制だと残業代なし?
祝日の労働時間を平日に振替えられる?
フレックスタイム制なら残業代ゼロ?
裁量労働制でも深夜残業代は発生する?
事業場外のみなし労働時間制なら、残業代ゼロ?
管理職だと残業代が出ない?
持ち帰り残業なら残業代を支払わない?
接待の時間も残業代が発生する?
固定残業代制度なら追加の残業代なし?
朝型勤務にも残業代が発生する?
仕事が遅い社員の残業代をカットできる?
年俸制でも残業代は発生する?
タイムカードどおりに残業代を支払う?
未払い残業代に年6%の遅延損害金?
春に残業しすぎると手取りが減る?
pagetop