基礎控除申告書兼配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書とは?

夫婦

「給与所得者の基礎控除申告書兼給与所得者の配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書」とは、その年の年末調整で基礎控除、配偶者控除または配偶者特別控除、所得金額調整控除を受けるために必要な書類です。2020年(令和2年)の年末調整から提出が必要になります。以前は、給与所得者の配偶者控除等申告書でしたが、基礎控除に収入要件が加わり、所得金額調整控除が新たに設けられたことにより、大幅に書式が変更されました。※2020年9月14日に更新

基礎控除申告書兼配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書の提出時期と提出方法

その年最後の給与支払日の前日までに、給与支払者(会社)へ提出します。

保管するのは給与支払者(税務署へは提出しない)

申告書を保管する役目を担うのは、給与支払者です。つまり、税務署へ提出する必要はありません(管轄の税務署長から提出を求められた場合のみ提出します)。

受けられる所得控除

基礎控除申告書兼配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書を提出すると、基礎控除、配偶者控除または配偶者特別控除、所得金額調整控除を受けられます。

  • 基礎控除

    納税者の所得金額に応じて0円~48万円の控除が受けられる所得控除です。参考)基礎控除とは

  • 配偶者控除

    配偶者の年間合計所得が48万円以下で、納税者の所得が1,000万円以下の場合に受けられる所得控除です。参考)配偶者控除とは

  • 配偶者特別控除

    配偶者の年間の合計所得が48万円超133万円以下(給与所得だけの場合は年収201万5,999円以下)の場合に受けられる所得控除です。納税者の所得によって、所得から控除される金額が段階的に変わります。参考)配偶者特別控除とは

  • 所得金額調整控除

    令和2年から新たに適用される所得控除です。給与等の年間の収入が850万円超で、23歳未満の扶養親族がいる場合など一定の要件を満たす場合に受けられる所得控除です。

基礎控除申告書兼配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書の書式

配偶者控除等申告書の書式は、上の画像のとおりです。申告書の裏面に記載の仕方が記されています。

申告書は毎年の年末調整で作成することになるため、自分や従業員の住所を記入したり、給与所得を計算して入力するのは面倒かもしれません。そういう方にオススメなのがr給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」です。従業員5人まで永久無料、6人以上は月額1,980円のみで、年末調整の機能も無料です。従業員情報を登録しておけば、住所などは申告書に自動転記。毎月の給与明細を入力しておけば、給与所得も自動計算されて申告書に転記されます。業務効率化とコスト削減をお考えであれば、おすすめです。

関連記事

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
pagetop