給与所得者の配偶者控除等申告書

夫婦

給与所得者の配偶者控除等申告書とは、その年の年末調整で配偶者控除または配偶者特別控除を受けるために必要な書類です。2018年(平成30年)の年末調整から設けられています。以前は、配偶者控除なら「扶養控除申告書」、配偶者特別控除なら「保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書」で申告していました。※2018年11月12日に更新

配偶者控除等申告書の提出時期と提出方法

その年の最後に給与支払日の前日までに、給与支払者(会社)へ提出します。

保管するのは給与支払者(税務署へは提出しない)

配偶者控除等申告書を保管する役目を担うのは、給与支払者です。つまり、税務署へ提出する必要はありません(管轄の税務署長から提出を求められた場合のみ提出します)。

受けられる所得控除

配偶者控除等申告書を提出すると、配偶者控除または配偶者特別控除を受けられます。

  • 配偶者控除

    配偶者の年間合計所得が38万円以下で、納税者の所得が1,000万円以下の場合に受けられる所得控除です。参考)配偶者控除とは?

  • 配偶者特別控除

    配偶者の年間の合計所得が123万円以下(給与所得だけの場合は年収201万5,999円以下)の場合に受けられる所得控除です。納税者の所得によって、所得から控除される金額が段階的に変わります。参考)配偶者特別控除とは?

配偶者控除等申告書の書式

配偶者控除申告書のイメージ

配偶者控除等申告書の書式は、上の画像のとおりです。書き方のポイントとまでは言いませんが、この帳票で何をするのかが大まかに分かるように、赤字で説明を書きました。ぱっと見て分かるように、一連の作業を手で処理していたら大変な手間になってしまいます。国税庁ホームページでは、自動計算できるExcelファイルも公開されていますので、そちらを使うのも一手でしょう。参考)平成30年分「給与所得者の配偶者控除等申告書」(入力用ファイル)|国税庁

Excelも面倒だなと思う方は

国税庁のExcelファイルは、手計算に比べればかなり楽です。とはいえ、配偶者控除等申告書は毎年の年末調整で作成することになるため、自分や従業員の住所を記入したり、給与所得を計算して入力するのは面倒かもしれません。そういう方にオススメなのが給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」です。従業員5人まで永久無料、6人以上は月額1,980円のみで、年末調整の機能も無料です。従業員情報を登録しておけば、住所などは申告書に自動転記。毎月の給与明細を入力しておけば、給与所得も自動計算されて申告書に転記されます。業務効率化とコスト削減をお考えであれば、おすすめです。

関連記事

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
年末調整が必要な理由(所得税の仕組み)
年末調整のスケジュール
年末調整で受けられる所得控除
法定調書の種類と提出方法
源泉徴収簿・源泉徴収票とは何か?
扶養控除等申告書とは何か?翌年分を提出する理由、対象になる控除について解説
保険料控除申告書
給与所得者の配偶者控除等申告書
退職所得の源泉徴収票とは?所得税はどうやって計算する?
不動産の使用料等の支払調書
不動産等の譲受けの対価の支払調書
不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書
報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
配当、剰余金の分配、金銭の分配及び基金利息の支払調書
非居住者等に支払われる給与、報酬、年金及び賞金の支払調書
所得税徴収高計算書
源泉徴収税額表とは
給与所得控除はナゼ必要なのか?
基礎控除~年収103万円以下だと所得税が非課税になる~
社会保険料控除
扶養控除とは?~扶養親族なら誰でも控除されるわけではない~
障害者控除
寡婦控除(寡夫控除)
勤労学生控除
小規模企業共済等掛金控除
生命保険料控除の計算方法
配偶者控除とは?~年収103万円以下なら38万円が控除される~
地震保険料控除
配偶者特別控除とは?150万円の壁に対する誤解
住宅ローン控除は年末調整できない?
pagetop