社会保険料の算出方法と負担割合~会社の全額負担?従業員の全額負担?~

保険証

給与明細を見たことがある方なら、社会保険料が天引きされていることは知っていると思います。社会保険料の負担方法は「労使折半(従業員と会社で半額ずつの負担)」、「会社が全額負担」、「会社が労働者より多めに負担」の3パターンに分かれます。ちなみに、健康保険、厚生年金保険、介護保険の保険料は労使折半、労災保険料は全額会社負担、雇用保険料は会社が労働者より多めに負担します。今回は、労使折半の社会保険料について紹介します。※2020年10月10日に更新

社会保険料の算出方法

給与計算するにあたり、社会保険料は、従業員に支払う給与額によって決められる「標準報酬月額」をもとに算出されます。従業員の月額報酬を算出して「標準報酬月額保険料額表」に当てはめれば、保険料が求められます。

参考:「都道府県ごとの保険料額表

  • 介護保険料を納める従業員

    なお、介護保険料を納める義務がある従業員の場合は、保険料額表の「介護保険第2号被保険者に該当する場合」の列を参照します。この列の健康保険料は介護保険料が含まれた額になっています。

  • 全額と折半額

    保険料額表には「全額」「折半額」という表記があります。これは、狭義の社会保険料は会社と従業員が半分ずつ負担するからです。社会保険料の算出後、毎月従業員に支払う給与から前月分の社会保険料(折半額)を控除します。

  • 年金事務所へ納付

    その後、従業員から控除した社会保険料と会社負担分の社会保険料の合計額(全額)を年金事務所へ納付するという流れになります。

社会保険料が控除されない社員もいる

給与計算するにあたり、すべての社会保険料が全社員の給与から控除されるわけではありません。例えば、「健康保険料」は75歳以上の従業員の給与からは控除しませんし、「介護保険料」を控除するのは40歳以上65歳未満の従業員のみ。その他の保険料も、従業員の年齢によって控除の有無が変わってきます。

育児休暇中の社会保険料は?

育児・介護休業法では、満3歳未満の子を育てるための休業期間中の社会保険料は、会社負担分・従業員負担分がともに免除されると規定されています。

さらに、平成26年4月1日からは、産前産後休業期間中の社会保険料も免除されるようになっています(平成26年4月30日以降に産前産後休業が終了となる被保険者が対象)。

  • 育児休業等期間中の保険料免除

    満3歳未満の子を養育するための育児休業等期間につき、健康保険・厚生年金保険の保険料は、被保険者・事業主の両方の負担につき免除されます。

    免除の適用を受けるには、被保険者が育児休業の期間中に事業主が年金事務所に申し出る(育児休業等取得者申出書を提出する)必要があります。なお、この免除期間は、将来、被保険者の年金額を計算する際は保険料を納めた期間として扱われます。

  • 産前産後休業期間中の保険料免除

    産前産後休業期間(産前42日・産後56日のうち、妊娠または出産を理由として労務に従事しなかった期間)につき、健康保険・厚生年金保険の保険料は被保険者・事業主の両方の負担につき免除されます。

    免除の適用を受けるには、被保険者が産前産後休業期間中に事業主が年金事務所に申し出る(産前産後休業取得者申出書を提出する)必要があります。なお、この免除期間は、将来、被保険者の年金額を計算する際は保険料を納めた期間として扱われます。

まとめ

今回は、給与計算するときの社会保険料の負担割合について紹介しました。社会保険料を負担するかは、従業員の年齢によって変わります。給与計算するときは、社会保険の基礎知識があると安心です。関連記事も参考にしてみてください。

関連記事

この記事は、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」の株式会社フリーウェイジャパンが提供しています。フリーウェイ給与計算は、従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、WindowsでもMacでも利用できます。

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
月の途中で退職した従業員の社会保険料の控除
社会保険料の算出方法と負担割合~会社の全額負担?従業員の全額負担?~
介護保険料の負担は「40歳の誕生日の前日の属する月」から
雇用保険料は労使折半ではない~労災は全額が会社負担~
退職後の給与(賞与)からも雇用保険料を控除する
定時決定が必要な理由とは?~対象になる従業員の条件~
随時改定の対象になる従業員とは?~不要なケースもあるため要注意~
算定基礎届とは~記載内容、対象になる従業員、提出先、提出方法について~
標準報酬月額とは~決定と改定について~
支払基礎日数とは~数え方、17日未満の月がある場合~
厚生年金保険とは?~4人以下の個人事業であれば強制加入ではない~
協会けんぽとは~被保険者と保険給付の種類~
先進医療も高額療養費制度の対象になる?
傷病手当金(しょうびょうてあてきん)とは?
基本手当とは何か~受給要件と受給額の計算方法~
出産育児一時金とは~転職や退職に注意~
求職者給付とは~一般、高年齢、短期雇用、日雇の違い~
雇用継続給付とは~高年齢雇用継続、育児休業、介護休業について~
教育訓練給付とは~一般教育訓練と専門実績教育訓練~
就業促進給付とは~再就職手当、就業促進定着手当、就業手当、常用就職支度手当~
労働保険とは?保険料の計算と納付、年度更新
雇用保険とは~加入手続き、保険料の計算と納付、失業等給付の種類~
労災保険とは~加入手続き、保険料の計算と納付、対象の災害~
被用者保険とは何か
任意継続とは~加入できる期間、保険料、メリットについて~
介護保険とは?被保険者の区分と保険料について
基礎年金番号とは?~その中身と確認方法~
確定拠出年金と確定給付年金の違い
厚生年金基金とは~厚生年金保険との違い、解散について~
年金払い退職給付とは?~官民格差と職域加算~
国民年金基金とは~加入条件、地域型、職能型について~
国民年金とは?~被保険者と基礎年金の種類~
日本の年金制度は3階建て?
65歳以上でも雇用保険料を徴収する
pagetop