法人番号は一般公開されている?

法人番号

各法人に対して付与される13桁の番号のことを法人番号といいます。法人番号は公表され、法人の商号や所在地などを確認できます。法人番号の目的として挙げられるのは、行政の効率化・国民の利便性向上・公平公正な社会の構築などです。※2018年3月12日に更新

法人番号とは

法人番号とは、平成25年5月24日に成立した「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づき国税庁が発行した番号のことです。1法人に対して13桁の番号が1つ指定されます。

法人番号と個人番号の違い

法人番号は個人番号と異なる点があります。対象の法人に番号が通知したのち、商号や所在地などとともにインターネットでも公表され、利用範囲の制限がありません。

法人番号を導入するメリット

法人番号の導入によって、事務負担の軽減や公平性・公正性の向上などが期待できます。具体的なメリットは以下の通りです。

  • 法人の正しい名称や所在地が確認でき、取引先情報の登録・更新がしやすい
  • 複数部署やグループ各社で個別に管理している取引先情報を集約・名寄せできる
  • 行政機関の間で情報の授受が可能になり、法人の特定・名寄せ・紐付け作業が効率化される
  • 行政機関の間で情報連携がしやすく、届け出や申請の際に法人側の負担が軽減される
  • 企業間取引の事務作業が効率化される
  • 国民に対して有用な企業の情報を提供できる

法人番号の活用による業務の効率化と営業機会の拡大

部署ごとに取引先コードの設定が異なる場合など、情報の集約や照合に必要以上の手間がかかってしまい、取引先情報の管理が非効率になりがちです。法人番号を活用すれば、部門間で共通する同一のコードを用いることができるため、横断的な連携がしやすく、業務効率の向上に役立ちます。また、顧客企業に対してさまざまな部署からアプローチが可能となり、効率的な営業活動を実現することができるでしょう。調達先の企業に対しては、複数の部署の調達を取りまとめて一本化することにより、コスト削減にもつながる可能性があります。

まとめ

  • 法人番号とは国税庁が法人に対して指定する13桁の番号のことである。
  • 法人番号の導入目的には事務負担の軽減や公平性・公正性向上が挙げられる。
  • 法人番号を企業で活用すれば情報の集約や照合がスムーズになり、管理上の問題だけでなく、営業活動の効率化や調達コストの削減などにも役立つ。

関連記事

法人番号について学んだら、給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」がおすすめ。従業員5人まで永久無料のクラウド給与計算で、マイナンバー対応。WindowsでもMacでも利用できます。

給与計算ソフトが無料のフリーウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
年末調整が必要な理由(所得税の仕組み)
年末調整のスケジュール
年末調整で受けられる所得控除
法定調書の種類と提出方法
源泉徴収簿とは何か?
扶養控除等申告書とは何か?
保険料控除申告書とは何か?
配偶者控除等申告書とは?
退職所得の源泉徴収票とは?
不動産の使用料等の支払調書
不動産等の譲受けの対価の支払調書
不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書
報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
配当、剰余金の分配、金銭の分配及び基金利息の支払調書
非居住者等に支払われる給与、報酬、年金及び賞金の支払調書
所得税徴収高計算書
源泉徴収税額表とは何か?
給与所得控除はナゼ必要なのか?
基礎控除とは?
社会保険料控除
扶養控除~扶養親族とは誰のこと?~
障害者控除
寡婦控除(寡夫控除)
勤労学生控除
小規模企業共済等掛金控除
生命保険料控除の計算方法
配偶者控除とは?~年収103万円以下なら38万円が控除される~
配偶者特別控除とは?150万円の壁に対する誤解
地震保険料控除
住宅ローン控除は年末調整できない?
特定個人情報とは
個人番号利用事務と個人番号関係事務
マイナポータルとは
個人番号カードと通知カードの違い
法人番号は一般公開されている?
個人番号とは
pagetop